今日も気ままに 〜 fly fishing 〜
              今、1番お気に入りの遊び 『 Fly Fishing 』を中心に日々のことを綴っていこうと思います・・・^^
[TOP] [RSS] [すくすくBLOG]








blog 引っ越しのお知らせ








最近blogが不調でコメント欄がまったく開けません^^;

過去記事も見られない状態が続いているので困っておりました。。。回復の兆候も見られないし。。。

で、思い切ってblogを引っ越すことに致しました。

とりあえず釣行記録だけは新blogに移す作業を現在進めております。

まだすべての釣行記を移せておりませんが、とりあえず公開しちゃうことに・・・^^;

今後時間がある時に少しづつ引っ越しするつもりでおります。

リンク頂いてる方々には面倒をお掛けしますが、リンク先の変更をお願い致します。m(_ _)m

まだ中途半端な状態ではありますが、新たな気持ちでblogを続けていきますので(たぶん更新ペースは変わりませんが^^;)今後とも「今日も気ままに 〜 fly fishing 〜」を宜しくお願い致します。


新blog ⇒ 「今日も気ままに 〜 fly fishing 〜」

新URL ⇒ http://ichinobu.exblog.jp/


2010/06/12 AM 12:40:58 | [つぶやき]

2010,06,06 (日) 南アルプスの渓




































天気: 晴れ
気温: 未計測(15℃くらい?)
水温: 7.5℃(10:00)⇒9.5℃(12:00)
風 :少し
時間: 9:00〜13:50




GWに行った南アルプスの渓もそろそろ水が温んでくる頃ではないかと思い前日の夜から現地に向かうことにする。

早朝アラームの音で目覚めると上空は雲ひと無く見事なまでに晴れ渡っている。^^
今日は長い道のりを歩くことになるのでしっかりと朝食を腹に詰め込み出発の準備に取り掛かる。ウェーディングシューズ、ウェーダー、雨具、昼食用のおにぎり、その他諸々をザックに押し込みいざ出発〜。

朝から林道に陽射しが当たり、歩き始めて15分もすると汗が噴出し思うように足を前に運ぶことができない。
う〜ん・・・明らかに寝不足だな・・・^^;



途中景色を楽しみながら休み休み歩くこと2時間・・・ようやく入渓点に到着。少し休憩してから釣りの準備に取り掛かる。準備しながら流れを観察するとライズこそ確認できないものの小さな虫が飛び交い暖かい陽射しに照らされた流れがキラキラと輝いている。



エフさん、よっしぃさんとGWに来た時は道中にも雪が残っており河原にも雪がたくさん残っていたのに既に山頂付近に残雪を残すのみとなっております。この1ヶ月の間に確実に春が標高を上げていることが感じられます。

水温を計ると7℃超えなので流れの中も少し温んできているようです。

ただ、釣り始めの時間帯はまだ反応しないだろうな?と思いながらもドライフライを結び釣りを開始すると、案の定1時間ほどは反応が無い時間が続きます。流れの中に魚は確認できているので、魚が居ない訳では無い事が解かっているので、あとはその時間が来るまでのんびり釣り上がって行くことにしましょう。^^

釣り開始から1時間が経過した頃にようやく最初の1匹を手にすることができました。
8寸ほどのこの渓らしいイワナです。ここのイワナは本当によく引いてくれるので、このサイズが釣れれば相当楽しめます・・・



最初の1匹を手にしてからポイント毎に反応が出始めます。いつもそうなのだけれど、面白いもので一旦イワナ達のスイッチが入ると瞬く間に釣果が上がってくるから不思議です。^^




時間がもったいないので小場所は飛ばして大場所に狙いを絞ってペースを上げようと試みますが、いかんせん1箇所で2匹、3匹、4匹と釣れてしまうので、(罰が当たるほど贅沢なことを言っとりますが^^;)思うようにペースが上がりません。^^;



釣れるイワナは6寸から8寸までがほとんどで、このサイズまでのイワナは丁寧に釣ればいくらでも釣れてくる感じですが、これだけ数が出てくれるとこれまた贅沢な話しですが、サイズアップを期待してしまいます。^^;



GWに3人で来た時が嘘のような釣果ではありますが、贅沢な望みのサイズアップは中々難しくて小さいイワナほど元気みたいです。(笑)
もっとも盛期にはまだ程遠いわけですから、大きな渓魚が動き始めるのはこれからなのでしょう。でも前回は尺オーバーを手元でバラしてるからなぁ・・・(汗)

前回尺をバラした堰堤も今日は大物さんはお留守なのかやる気が無いのか・・・
代わりに6寸、7寸、8寸のイワナが次々に顔を見せてくれ慰めてくれますが・・・・^^;



こんな感じで釣り上がりのペースが超が付くほどスローペースになっております。(汗)

このペースでは予定している退渓地点に辿り着けないかも?と途中からポイントをどんどん飛ばして行きますが、いかんせん小さなイワナでも釣れてくれるとついつい1箇所で時間を費やしてしまいます。頭の中では早く見切りをつけて移動しなくちゃ!と思ってはいるのですが・・・これが小物釣り師の悲しい性なのでしょうか?^^;



う〜ん、困った・・・今日は時間がいくらあっても足りない感じです。フライを交換している時間もまどろっこしいったらありゃしない。(焦)
ヨダレが出そうな美味しそうなポイントもグッと涙を堪えてバンバン飛ばしながら、それこそ駆け上がるような勢いで釣り上がります。流し方もまずは手前のカタやヒラキから♪でもって次は〜・・・なんてことはしないで、イキナリ核心部にフライをぶち込みます。(笑)

もっともこんな雑な釣り方してたらサイズアップなんて望めるはずも無く・・・9寸クラスを数匹出すのがやっとです。。。(涙)



自分が予定していた退渓時間に追われるように上流へ、上流へと進んで行くと予定時間を20分ほど過ぎてしまいましたが、無事に退渓地点に到着です。最後の方は釣りをしているのか?河原を早足で歩いているのか判らなくなっとりましたが・・・(笑)



しかし、今日はいったい何匹のイワナに出会えたでしょうか?釣れた数も凄かったけど、バラシの数も凄かったってのは内緒の話しです。明らかに釣りが雑になっておりましたから・・・(汗)

退渓地点でウェーダーを脱ぎシューズを履き替え味わう暇もなくモグモグおにぎりを胃袋に詰め込み下山を開始します。



退渓地点まで息を切らせて釣り上がってきたので歩き始めは休憩を頻繁にとらないと歩けません(汗)ちょっと歩いては休み、またちょっと歩いては休みを繰り返すとペースがだんだん掴めてきてきます。ペースが掴めた後は景色を眺めながらのんびり下山できました。



今日はたくさん歩いたのでこんな日はボリュームのあるものが食べたくなるものです。(私だけ?汗)
てな訳で?温泉で汗を流したあと、ソースかつ丼を求めてちょっち寄り道です。^^

閉店時間の30分前に目的の玉龍飯店前に到着すると・・・本日都合により休業?準備中?本日は終了しました?ナンノ・コトデスカ・ソレハ?ドレガ・セイカイ・ナノデスカ?ワタシニ・タベサセルノ・ドンダケイヤデスカ?・・・おいおいまだ18:30だぞ〜^^;


失意の中で玉龍飯店を後にし、駅前の駐車場に戻る途中で商店街の石畳で発見したこんな絵が心を和ませてくれました。。。。



ここまで来たらどうしてもソースかつ丼が食べたい!食べなきゃ帰れない!ってことで明治亭まで移動してヒレカツソースかつ丼にワサビ入り温泉タマゴをトッピングしてとりあえず溜飲を下げたのであり鱒。。。。^^;

帰りの道中は中央道名物の小仏トンネル渋滞30キロにはまって深夜の帰宅となりました。^^;


2010/06/08 PM 06:37:28 | Comment(177) | TrackBack(59) | [2010年釣行記]

「湯川禁漁区域拡大」は一旦白紙